スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Wikipedia
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネットでの風評被害 あなたも大丈夫?

インターネット上で根も葉もない悪口、誹謗中傷で誰かが被害を受けたという話は、インターネットが普及してから、誰もが一度は聞いたことがあるでしょう。

とくに、芸能人や有名人が標的になったものは、事件になり、逮捕者さえ出たものがあります。

そう、たとえ、匿名性が特徴と考えられるネットの世界でも、他人を誹謗中傷すると、罰せられるのです。ネット上では匿名でも、ひとたび事件となれば、警察は簡単に書いた人を特定できるのですから。

にもかかわらず、甘く考えているのか、それでもどうしてもやりたいのか、ネット上での誹謗中傷はなくなりません。

それも、有名人ばかりでなく、普通の個人から、会社などの組織まで幅広く。

今も多くの個人、それだけでなく会社などがそういった被害に遭いつづけています。

というのも、それだけ、ネット上での「評判」が、実社会での評判に影響を及ぼしてしまうという現代ならではの構図があるからなのでしょう。まさに現代的な風評被害

つまり、評判をおとしめたい標的をネット上でこきおろすことによって、相手に実際に社会的ダメージを与えることができてしまうというのが現状です。

しかも、事件として表面化しない限り、たしかに誰がやったのか特定することは個人ではできません(思い当たる相手はいるとしても)。

そういうこともあってか、ネット上での誹謗中傷はあとを絶ちません。しかも、その手口は巧妙化しています。

たとえば、検索エンジンの検索結果に悪印象のワードが関連ワードとして表示されるようにネット上の情報を操作するという手口。

ある人や会社の名前を検索したら、それらがまるで悪いことをしたかのような関連ワードが表示されたという経験をみなさんも一度はあるのではないでしょうか。

それでいて実際はその悪いイメージのワードとその人や会社は無関係なのにです。

それこそがいわば新手のネット上での誹謗中傷攻撃の結果なのです。

しかも、この結果を見ただけで、悪印象をもたれて、とくに仕事に影響が実際に出るとしたらどうでしょう。

ネットの力は大きく、実際にそうなりかねないのです。

会社経営をしている人には死活問題になりかねず、早急な対応が必要です。

でも、どうやって?

そう、こういった攻撃をしかける人はネットに詳しかったりしますが、こちらはそうではないことも。

こういった攻撃は検索エンジン最適化(SEO)を用いており、詳しくない人には対応が困難です。

さて困った。

ところが、そういう攻撃に対応してくれる専門の業者さんがいるのです。誹謗中傷・風評被害ナビという会社は、ネット上での以上のトラブル・問題を、インターネットの高度な専門知識、技術を駆使して対応、解決する会社です。

検索結果の浄化、関連ワードの削除など、詳しい手法も書いていますが、素人には難しいことのようです。

過去の実績も開示していて、頼りになる感じです。なかでも、現職の国会議員がいるというのがすごい。それだけ、社会的な重責のある人でも、ネットでの誹謗中傷には自力で対応が難しいということの表れでしょう。

会社経営者などで、こういった被害に遭いながらもどうしていいかわからない人はこういった対策があるということを知っていただきたいと思います。

PC・IT Wikipedia
[ 2010/04/01 10:28 ] 生活・文化情報 PC・IT | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://purin590.blog11.fc2.com/tb.php/85-ee3d2718













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。