スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 Wikipedia
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

時代はやっぱりFX(外国為替証拠金取引)?

FXとは、外為のこと。「外国為替証拠金取引(または外国為替保証金取引)」の略。

ドルやユーロなどの外国の通貨を為替チャートを考慮して、取り引きすることで、利益を上げることができる金融商品のひとつ。

お金を証券会社などの取り扱い業者に預けたうえで、安く通貨を買って、高くなったときに売れば利益がでます。

取扱業者によってはわずか1万円から取り引きが可能。しかも、預け入れた金額よりも10倍ほどの金額の取り引きをすることも可能です。

自分が預け入れたお金より取引額が大幅に大きいので、利益があったときはたくさん儲かり、損失がでたときは大損します。つまり、ハイリスク・ハイリターンの金融商品です。そこは覚えておきたい注意点です。

取り引きをするときは証券会社などの取り扱い業者に口座を開設する必要があります。

なかなか初心者には難しいなどとも言われますが、昨今の日本国内の経済状況を考えると、そうも言っていられないかんじです。

かつては、こうした投資は投資家と呼ばれる一部の人が行っていたイメージもありますが、それも変わりました。

その要因は、もちろん預金金利の低下や不況の影響によるお金への意識の変化もありましょうが、ネットで簡単に取引できるようになったから、ということはまちがいないでしょう。

それも初心者でも簡単に取引できるよう親切によく考えられたネット証券会社があるからです。

たとえば、『外国為替証拠金取引「Market Link(マーケットリンク)」』といったところが、そういう会社としておすすめできます。

外国為替証拠金取引「Market Link(マーケットリンク)」は、初心者から上級者まで、ネットを生かした機能で、FXをスムーズに実行できるサイトだと思います。


お得・お小遣い Wikipedia

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://purin590.blog11.fc2.com/tb.php/78-8e00e191













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。